1棟平均300万円 他業者の約半額 選べる10年保証 必ず保障がつきます 年間施工250棟 国内最大級の実績
お見積もりはこちらから お問い合わせはこちらから
今すぐ無料お見積もり

アップハウス通信

2012年9月13日 木曜日

どうして家が傾いてしまうのか。

建物の建築時に地盤の高さを設定するために埋める壁は、
盛土部で斜面の土が崩れるのを防ぐために設けられます。


その壁の強度が不足していますと、家が傾くことがあります。
そのほかにも、建物の土台がしっかりとしないときもおこりえます。

建物の土台を基礎といいます。
基礎の支持力がしっかりとしていないといけません。

全体の重量を地盤に伝える役割があるため、
基礎の構造に欠陥があると支持力が落ちていることになります。


建物荷重によって、たとえ崩壊しなかったとしても、
基礎そのものは不同沈下をおこす可能性があります。


それから、最も最近多いのは自然災害です。
地震や水害などの自然災害により、地盤が緩む場合があります。


ある程度の災害は予想できても、あいにく大規模災害の場合は、
地盤沈下が起こります。


そのほかには、シロアリ被害や老朽化もあげられますので、
家が傾いてしまったと感じたときには、
業者に相談することを勧めます。


また、健康にも悪影響を及ぼすので、早めに相談したほうがよいかと思います。

投稿者 アップハウス

お見積もりはこちら お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら お見積もりはこちら
見積もり比較 なぜ安いのか よくある質問 選べる保証 ゼネコン・ハウスメーカー・不動産会社の方へ
アクセス

■住所
〒333-0816 埼玉県川口市差間153-9

■電話受付時間
9:00~18:00

メールは24時間受け付けております。
些細な事でもご相談下さい。
お見積もり、お問い合わせは下部にあるボタンからどうぞ。

お問い合わせ 詳しくはこちら